信頼度抜群!保険の相談ならここがおすすめ

home > 保険の相談について > 保険料が払えなくなったので相談をする

保険料が払えなくなったので相談をする

国民年金などは、毎月支払いをしなくてはいけません。しかし失業などで所得がない時、生活費を犠牲にしてまで払えないこともあるでしょう。それを考慮して免除と呼ばれる制度があります。免除にしておけば、将来払えるようになってからの追納が可能です。一応免除でも一定額がもらえ、免除にもいくつかのレベルがあります。払えなくなったときには年金関係の事務所に行くといくつかの方法を提案してもらえるので、その中からいい方法を選ぶと良いでしょう。では民間の保険に入っていて払うのが厳しくなったらどうするかです。これは結構ある話で、人によってはそのまま払わない状態にする人がいます。これは一番良くない方法になります。契約をしたまま払わないと、そのうち失効状態になります。失効状態だと亡くなったとしても給付が受けられません。

まずは契約をしている会社に相談をします。そして、今の支払額が高くて払えないのか、そもそも加入し続けるのが難しいのかを話しましょう。高いのであれば、減額をして継続加入する方法を考えましょう。保障額を下げたり、特約を外せば下げられるかもしれません。給料が下がって払うのが厳しい時にはいい方法です。失業して生活費を確保しないといけないときは払うこと自体ができないかもしれません。終身タイプに入っているなら、積立部分があります。この積立部分を担保として貸し付けを受け、それで支払いをしていく方法があります。失業していても将来的に就職をすれば契約が継続できるでしょう。一定期間であれば借りることが可能です。将来的には、借りた額と利息とを返済することになります。しかし再就職の見込みがない人もいます。

支払いをせずに契約を続ける方法としては、払い済みにする方法があります。保障額を減らし、今払っている額で払えるものに変更します。3千万円の保障であれば、2千万円や1千万円にしてそれ以降の支払いを無くすようにします。あくまでも終身での保障が続けられるので、これまで払ってきた支払いを無駄にはしません。子供が将来大学受験などで万が一の時にお金が必要な時は、定期タイプへの変更があります。3千万円保障の終身から、3千万円保障の定期に変更します。こちらに変えると、満期が来ればもちろん返戻金などはもらえなくなります。掛け捨て状態になります。ただし保障額を変えずに済むので、何かが起きた時に助かるでしょう。さらには解約をする方法もあります。終身に一定年数入っているなら解約返戻金が受けられます。

次の記事へ

TOPへ