信頼度抜群!保険の相談ならここがおすすめ

home > 保険の相談について > 保険加入の病歴や年齢等の条件を相談する

保険加入の病歴や年齢等の条件を相談する

死亡保障の商品に加入するとき、年齢が上がるほど毎月の負担額は上がります。なぜかといえば、年齢が高いほど平均余命が短くなるからです。単純には決まりませんが、平均寿命が80歳とすれば、今50歳の人の平均余命は30歳ぐらいになります。30歳の人なら50歳の平均余命があります。当然平均余命が多い方が亡くなる確率が低くなります。その分負担額も低くなります。70歳ぐらいになると、平均余命もどんどん短くなり、加入自体が難しくなる可能性があります。80歳以上になると入れなくなるのは、既に平均寿命を超えてしまっているからです。年齢だけを見ると、いつなくなってもおかしくないので、会社としては加入させることができないのでしょう。細かい設定は各社で異なっていて、年齢の上限も各社で設定を変えています。

保険に入りたいけども、いろいろな事情で入れるかどうかわからない人がいるでしょう。その時は自分が入れるかどうか相談すると良いでしょう。まずは年齢制限がり、高い人だと70歳や80歳まで等になっています。定期の更新も80歳や90歳などになっているので、それ以上は加入が難しくなります。その他、年齢によって大きく負担額が変化する場合があります。20歳代や30歳代はそれほど上昇率は上がりませんが、40歳以降は急に上昇率が上がるとされています。今30歳代であれば、早めに加入をした方が割安に入れるかもしれません。10年定期などに加入しているなら、10年後に40歳代になるときに大きく増える可能性があるので、それも考慮して選ぶ必要があります。年齢の他に性別も見られます。女性の方が平均余命が長いので、一般的には女性の方が割安になります。

個別の要件があるのが病歴でしょう。健康診査を受けて今の健康状態を診断しますが、それ以外に告知があります。過去に大きな病気をしていたり、今も治療中、などであればそれを伝える必要があります。病気の内容によっては加入できない可能性もあります。告知で虚偽を伝えると、しょらい的に給付が受けられなくなる可能性があるので、入れそうになくても虚偽の告知は辞めましょう。それよりも、今の条件で入れる商品を探してもらう方がいいでしょう。条件が緩和されているものであれば、過去に病気があったとしても、完治から一定期間が過ぎてい入れば入れるものがあります。さらには告知が一切必要ないものもあります。今の時点で病気でも加入が可能です。その病気に関する給付が受けられないなどもあるので、内容も確認しておきましょう。

TOPへ