信頼度抜群!保険の相談ならここがおすすめ

home > 保険の相談について > 保険の保障を増額したいときにどうするか相談する

保険の保障を増額したいときにどうするか相談する

結婚をしたとき、万が一の時に困るのは配偶者のみです。今は共働きをしている家庭もあるでしょうから、何とか生活できる人もいます。それほど多くのお金を残さなくてもいいかもしれません。しかし子供がいるとなると少し事情が変わります。子供を育てるにはかなりのお金が必要です。子育ての費用だけでなく、教育費用も必要になります。数千万円必要とされ、それを一人で負担していくのは大変です。そのために用意しておかないといけないかもしれません。子供が増えるたびに子供の将来の費用は増えていきます。大変にはなりますが、覚悟のうえで子供を作ることになります。生命保険に入るときは、子供が一人増えればそのたびに保障額を増額する手続きが必要になります。この時具体的にはどうすればよいかです。増やしたいといえば増やせるのかです。

まずは今入っている商品の会社の担当者に相談してみましょう。減額の時は特に再度の健康診査は不要です。しかし、増額の時は再度診査しなければいけません。健康状態を調べて、その時点の条件で計算され直します。年齢がアップしていればその分負担額も上がるので、負担額は結構上がります。それを子供ができるたびに行う必要があります。では、今入っているものを増額するしか方法がないかです。どうせ審査が必要なのであれば、その他の方法も検討してみると良いかもしれません。同じ会社の別の商品に契約転換できる可能性があります。商品はどんどん新しくていいものがあるので、これを機会に契約転換してみましょう。さらには、別の会社の商品への乗り換えも考えてみましょう。そのためには今の商品を解約する必要があります。

解約をして解約返戻金が受けられれば、それを原資にして新たな商品に加入ができます。ネット系であれば保障を増やしたとしてもそれほど負担は大きくならないかもしれません。子供が生まれたことによる増額をするのであれば、終身の見直しだけでなく定期を追加する方法もあります。元々加入していた終身は一切変更せず、新たに定期に加入します。子供が大学を卒業した時に解約するように入っておけば、子供が成長する間の保障を追加できます。終身の変更だと、子供が成長すると必要保障額が減ってくるので無駄が多くなります。定期であれば掛け捨てなので無駄も少ないです。加入している商品が多くなるので面倒かもしれませんが、効率は良くなります。定期だけでなく収入保障タイプなどを使えばもっと割安に保障を追加できます。

次の記事へ

TOPへ