信頼度抜群!保険の相談ならここがおすすめ

home > 保険の相談について > 今入っている保険の内容について相談する

今入っている保険の内容について相談する

なぜ保険に入るかですが、それは将来のリスクに備えるためです。何らかのトラブルなどがあったとき、お金が必要になるかもしれません。しかしお金が無ければ対応できません。加入していれば一定の給付が受けられ、リスクを無事回避できる可能性があります。自賠責などは強制的に加入する必要がありますが、任意に加入できるものは自分で判断をして加入をしなければいけません。ただ、現実問題としてなかなか自分のリスクを正確に把握している人はいません。販売をする外交員はうまくリスクの話をして、必要であると伝えます。すると加入した方がいいと感じるのでしょう。外交員の言うがままに入ってしまう人もいます。さらに入った内容を把握していない人もいます。把握していなければ、見直しなどをする機会もないでしょう。

もし今何らかの商品に入っているなら、その内容を確認してみましょう。簡単にできるのは証書のチェックです。加入をしたときに、保障の内容などが分かる書類が渡されています。ネット系であれば、マイページに行けば保障内容が分かります。死んだときにいくらもらえるのか、病気になったとき、入院1日いくらもらえ手術をするといくらもらえるかなどです。もし見方が分からないのであれば、実際に加入した会社の外交員などに聞いてみると良いでしょう。きちんと話をしてくれるはずです。ただ、聞くと別の商品の話をされる可能性があります。その時は街にあるファイナンシャルプランナーに相談できるサービスを利用しましょう。こちらでは新規に加入する人や見直しをする人だけでなく、今入っているものの内容の確認などもしてもらえます。

必要な書類は証書などで、ネット経由ならマイページをプリントアウトして持って行くと良いでしょう。すると、今払っている金額に対して、どんな保障の商品に入っているかを話してくれます。大抵は主契約と特約がセットになっているので、主契約分がどれくらい、特約がどれくらいなどの話もしてくれます。終身タイプや養老タイプだと、解約返戻金が受け取れるかもしれません。今の段階の解約返戻金であったり、10年後や20年後ぐらいの解約返戻金なども計算して教えてもらえます。入っているものの内容を知れば、それが足りない状態なのか、過剰なのか、ちょうどいいのかが分かります。どんな状態なのかわからないまま入り続けるのが最も良くないことと言えます。もし変更が必要であれば、そのまま相談をすればいい解決方法を教えてくれます。

次の記事へ

TOPへ